新生活トラブル「下水に関するトラブル」

 

半月前の八月中旬ごろ。

 

家の中がなにか臭い。

 

水が腐ったような、下水の臭い。

 

近所に汲み取りのトイレの家があるので、バキュームカーでもきているのかなと思いチラッと外を見ると、隣の家敷地内のマンホールの蓋からなにやらぶくぶく水が出ているではないですか。

 

その水が泡を含んでいて、近づいてみると臭いの原因はこの水!そのマンホールの蓋にはおすいとの文字が...。

 

大至急その家にお知らせしに行きました。

 

しかし...。

 

その方はなんというか穏やかなのですがのんびり屋と申しますか、とにかく行動が遅い。

 

「あららぁたいへん」と発した口調を聞きなんだか嫌な予感。

 

案の定、その後おすいは5日ほど垂れ流し。

 

周りには悪臭が漂い不衛生極まりない。

 

結局業者さんが来て掃除したのは6日目でした。

 

ご近所トラブルはとてもやっかいです。

 

とくに持ち家、持ちマンションだと引っ越すに引っ越せませんし、今後ずっとおつきあいしなければならない。

 

今回の下水トラブルも口調には気をつけました。

 

「これでは子供を持つ近所のお母さんにも何か苦情がきてしまいますよねえ」「これ以上放っておくと、今以上に修繕費用がかかりますしねえ」などなど。

 

なるべく穏やかに、でもちょっと脅し(?)気味に伝えました。

 

でもこの方、天然というか悪意がまったくなく、要は鈍感なんですよね。

 

「そうよねえ」をにこにこしながら連発してなかなか行動に移さなくてさすがにイライラしました。

 

ただ、わたしのとても気を遣ったやりとりの効果か(?)今まで通り良好な近所付き合いをしています。

 

自分で言うのもなんですが、気がきく方が疲れます...。

 

新生活トラブル「夫婦喧嘩の騒音被害」

 

時期は特にありません、具体的には下の階には小さい子供達が三人いて、ほぼ毎日朝早くから夜寝静まった後でもドンドンバタバタと走り回ったりギャーギャー騒いでる音が響いてきます。

 

引越し後の体験談

まだ上の階じゃないだけいいですが、問題は隣の家です。

 

夫婦だけの世帯ですが、夫婦喧嘩がたえません。

 

普通に家でテレビを見ていても聞こえてくるぐらい、マンションも決して古くないので機密性も高いはずなんですが、お互い怒鳴り散らしてるようで特に奥さんの方が精神的におかしいのかヒステリックで、毎日誰か助けてー!と叫んでいます。

 

旦那さんの方は冷静な感じでいつもなだめているように思えます。

 

落ち着いて静かになったなと思ったらまた奥さんの方が騒ぎだし喧嘩になる、そういった感じです。

 

旦那さんが毎回夜遅くに帰ってくるので始まるのがだいたい夜中の12時くらい、なかなか寝付けられないことも一時期ありました。

 

ご近トラブルになってよくあるように事件になっても嫌だし、今のところが居心地がいい場所なので引っ越すつもりもなかったのでとりあえず我慢というか静観していました。

 

まず、下の階のお子様方ですが年々大きくなっていくのでそこまでドタドタすることも前ほどなくなり自然とうるさくなくなったのでよかったのかなと思います。

 

今現在もその方々は下に住んでいますが、気にするほどのものでもなくなりました。

 

そして、隣の夫婦喧嘩の家ですが、こちらもしばらくですが喧嘩が絶えず、たまに会うこともあったのでよっぽどなら勇気を振り絞って伝えようと思いましたが、奥様がヒステリックな感じだったのでこれまた我慢をしてしのいでいました。

 

ところが、ある日突然引っ越しをしていなくなっていたんです。

 

どこかの住人が管理人等に通報して出ていったのか、はたまた離婚して出ることになったかはわかりませんが、とりあえず結果オーライでした。

 

今は静かな中引っ越すこともなく同じ家で暮らせています。